セットアップも正常に済ませ、データベースソフトを起動しようとしたら動かなかった(^^;。

ご迷惑と知りながらS書店さんに電話で対策を教えていただいた。するとたちまち今まで動かなかった場面でも動くようになった。しかし、肝心の作業をすると「ブックマークが正しくありません」と表示が出て止まってしまう。S書店さんも電話の向こうで首を傾げていらっしゃる様子。普通なら動くはずなのだろう。きっとそうだ。

やはり何か別の原因がありそうだ。長電話(申し訳ありません!)を切った後にさっき電話で教えて頂いたアクセスの操作を繰り返した。すると、少し経ってから原因にぶち当たった(!)。なんと、データが部分的ではあるにせよ破壊されているではないか(^^;。ヲイヲイ、こりゃあ重症じゃないのよ。

動かない原因が判明した。たぶんS書店さんの電話での指示は100%合っていたのだ。こちらのデータが壊れているのでは動くはずもない。ただ、部分的の破壊だからそれだけ入力し直せば済む問題のはず。明日S書店さんに壊れた部分の除去をどうやったらいいかを教えていただき、なんとか復旧に持ち込みたい。無理かな、明日一日じゃあ・・・。WinXPのファイアーウォール機能のせいか、PCの方でセキュリティを考え、そのデータが表示されるとすぐにソフト自体をシャットダウンしてしまうのだ。

今日○フマップの買取デスク横にPCレスキューなんてコーナーがあったっけ。MOでデータを持ち込んでそこで直してもらうなんてできれば良いけどなぁ。

で、起きてしまったことは仕方ないとして、どうしてこういう事態になったかを把握しておかなければ再発する恐れがある。たしか調子が悪くなったのはデフラグをした直後だった。ただ、それまでにウィルスか何かに感染してデータを改竄されていたとしたら・・・。もしそうならヒトタマリもないだろう。しかし、アンチウィルスを掛けていたからそこまでいかないかも。
単純に旧PCのHDDが不良品で壊れてきていて、不良セクタの上に重要データを書き込もうとしたために起こったと考えたらどうだろう。証拠はない。しかし、あのPCには過去にHDDクラッシュを起こしたという前科がある。安いPCには安いパーツ(○ITACHI製)が使われるだろうから疑ってみる価値はありそうだ。

もちろん証拠はない。でも今のところそう思っている。もう○ECは買わない。