娘が通う幼稚園の運動会。空は快晴。

この幼稚園には息子も2年間通った。実はワタシも小学校入学前の2年間、この幼稚園に通った。

朝からあわただしい。女房は早起きして今日のお弁当作り。9時には子供たちを連れて先乗り。ワタシは開始時間の10時に間に合うようにカメラの準備をして出かけた。MZ-5はオヤジが持っていったまま帰ってこないので、今日はLXにゾナー135mmをつけて久しぶりに出動だ。

10時きっかりに到着するとちょうど園児たちが整列して入場するところだった。そう。よく考えると幼稚園児である。4歳児がこうしてちゃんと並んでおとなしくしている様子は、見れば結構感動的。年長組の男の子が選手宣誓の長セリフ。一度も途切れることなく言い切る様子を見て今年も涙が出てきてしまった(^^;。いつも清く正しく、とは言わないが、ちゃんとすべき時にちゃんとできるというのは人間としてとても大事なことだ。

競技自体は幼稚園児に合わせたゆるいものばかりだが、それを一生懸命にこなそうとする様子がほほえましい。障害物競走では園児一人一人の個性が出る。ズルして少し端折る者も居れば、ピョンピョンと簡単に飛び越えていく者も居る。慎重に慎重に少しづつ進む様子には思わず応援したくなる。
かけっこではゴール前にオトーさん方のカメラの砲列がズラリ(^^;。とても割り込めない。観客席から望遠レンズで追うことにした。ウチの娘は何と1位。がんばったネ。

女房たちのフォークダンスも無事終ったあと、昼食前に中高生のブラスバンド部がドリル演奏を見せてくれた。チューバを肩から背負った部長の挨拶のあと、演奏されるマーチの演奏にあわせて彼女たちが行進する。うーむ。感動的。
楽器演奏の難しさを知っている者としては、吹きながら、合わせながら、整列しながら行進するのは至難の業。ターンするときにピッピッと直角に方向を変える彼女たちの動きは見ていてカッコよく、終わったあとはやっぱり涙が出る(^^;。最近涙もろくなったなぁ。

昼食後、親子ダンスに女房が娘と出て、それを見届けてから店に戻る。今日発送荷物を仕上げて母親に集荷をお願いする。今日は休日。仕事を終えてから思いっきり昼寝。

夕食は近所のファミレスへ。最近はセットメニューをちょっとお安く設定してくれていた。取り合いしながらデザートまで食べる。

近所のビデオ屋へ。「みんなのいえ」を見る。