いい天気。天気予報では午後から雨とか。ホントかな?よく晴れて暑い。今日も真夏日。 午前中に仕入れの予定有。女房が娘を送りに行くころ朝飯を食べて、女房が幼稚園から帰ってくる頃に出かけた。すでにオヤジは店を開けに来ていた。 クルマで走る。いつも良く走る道。ラジオを聴きながら。ナビに番地を入力するとおおよその場所まで連れて行ってくれるが、最後の詰めの場所で「音声案内」を勝手に終了してしまう(^^;。機械の限界か。最後は地図が頼り。それでも判らなければクルマを降りて犬のようにクンクンとあたりをうろつくことになる(^^;。 とはいえ最近はケータイを持参していくので住宅地でも怖くない。最後には直接電話でお聞きしてしまえばいいのだから。 本を拝見させていただき、買い取らせていただいた。ありがとうございました。 帰り道。せっかくだからと駐車場のある安売り酒店へ寄る。ビールが切れかかっていた。ビールくらい向かいのスーパーでいくらでも売っているのだけど、どーせなら安く飲めたほうがいい。気分の問題だけど。デンマークのビールでライセンス生産されている銘柄が24本で3000円ポッキリ。それに決めた。発泡酒並みの価格だ。かいた汗の補充で安売り烏龍茶を買い、帰り道の道中で飲み干す。ウマイ。 店に荷物を降ろしてからGSでガスの補充。現金会員1リットル114円ナリ。 午後一杯オークションの出品作業に精を出す。 夕食はそうめん。そろそろスーパーの乾物売り場からそうめんが撤退を始めたらしい。いつも買ってくる緑とピンク色の麺がほんの少し混ざったものは撤去されていたらしい。娘は色つきの麺を選んで食べていた。 夕食後、仕事を終えてから「阿修羅のごとく」を借りて見た。2時間以上ある映画だったが、気が付けばエンドロール。男女の愛憎の物語。いくつになっても男と女ということか。 森田監督に演技派の豪華俳優陣。もっと突っ込んで描いて欲しいと思う場面も無くはなかったが、”行間”を読めということかしら。確かにあまり濃く描いてしまうと二度見る気にはならないだろう。見終わってしばらくしてから余韻が響いてくるタイプの映画だった。面白かった。 見終わって25時。日記書き。0922.jpg