昨夜はかなりカッカきていたようだ(^^;。 朝から晩まで組合に詰めて仕事に当たり、帰ってくれば店は閉まって出迎えなく、一人晩飯ではまあ仕方ないかもしれないが・・・。 少しづつ気持ちが落ち着き始めたのでメールマガジン発行。お店のやるべき仕事はちゃんとやっておかなければ・・・! メルマガを発行すると徐々にペースが戻ってきた気持ちになった。オークションで大量に落札いただいた方からもご入金頂き、早速発送作業。気持ちも晴れてきた。なんとかスイッチが入ったか・・・(^^;。 すでに本はたくさん在庫しているので、コツコツとオークション出品作業を始める。やはり写真版の効果は大きいのか、お店では売れない本でも引き合いをいただける。ありがとうございます。 息子は今日工場見学だそうだ。県内にある自動車工場と製菓工場。夕方帰ってきたら工場見学記念のお土産までもらっていた。スポーツカーの図柄をカッコよくあしらった敷物と、”工場見学記念”のスタンプが押されたココア。ワタシもたしか小学生のときに工場見学へ行ったなぁ。覚えているのは京浜工業地帯に位置する製鉄工場。ここで高炉と延べ板の製作過程を見学した。工場は一度稼動させたら24時間365日稼動し続けると聞いて”お休みはどうするのかな?”と子供心に心配した事があった。あの頃の自分の記憶がぼんやりし始めてきた頃、自分の子供がその記憶を呼び覚ませるように学校で同じような経験をしてくるのは、なんだか記憶の再生産をしているような気がして不思議な気持ち。あの頃から時代は一回りしたんだなぁ。 先週北八ツまで日帰りしたオヤジたちは今日はどこまで出かけたんだろう。昼飯を食べながら女房とその話。でも、オヤジたちと一緒に出かけた記憶なんてほとんどないよ、と言うと、「アタシもそうだったよ。勤めに出ている働き方じゃなかったから日曜日も関係なく仕事してたし。」と女房。ふーん、やっぱりそうなのか。町内会の野球部が土日バッチリ練習が入っていたし、前は2の日が定休だったから・・・。「忙しく働いた世代なのかもしれないね。」 世の中は週休二日で、学生まで5日しか”働かない”現代。年金受給も始まってそろそろリタイヤしてもおかしくない年齢に差し掛かり、若い頃レクリエーション出来なかった分を取り戻すつもりかもしれないな・・・。 デスクの引き出しには真新しい「蔵王」の折りたたみ登山地図が入っている(^^;。夏休みの計画らしい。 山かぁ。まだ子供たちが小さいうちは到底無理だろうけど、いつか取憑かれたように山へ登りに行く日がワタシにもやってくるのかしらん。 傍らにあった藤原新也氏の「俗界富士」を読んだ。 0629.jpg