シブヤ到着。ホーム続きの百貨店催物会場へ。4基あるエレベーターがフル稼働しているのになかなか来ない。ヤな予感。エスカレーターで登っていくと7階が近づくに連れて乗っている人が増えてくる。果たして到着するとものすごい混雑だった(^^;。 「どーすんの、帰ろうよ」と息子の第一声。まあその気持ちも分かるけど、ちょっと待てよ。目の前では桃谷いかやき屋さんの行列。「1時間待ちです」と案内係が声を張り上げる。おいおい困ったね。 意を決して大混雑の中へ身を投じる。会津屋たこ焼きの行列、味乃家モダン焼の行列がそれぞれ1時間待ち。ホントに並んで食べるほど違うのかしら。と思い、並ぶのをやめた。よく会場の様子を見渡すと行列のないお店もそこかしこに見える。「腹へった」という子供たちのリクエストもあり、実演販売をしているこれらのお店を狙うことにした。ガンジー倶楽部のカレーパン、ぼてじゅうのぼて棒、娘は大阪的粉物が好きではないらしく、強硬に「にくまんがたべたい」と言う。じゃあ手分けして買おうということになった。ワタシと息子でカレーパン、女房と娘で551蓬莱の豚まんを買うことにした。 カレーパンはフライヤーでその場で揚げる。3分ほど並んで1個189円を三つ買った。手に提げて豚まん売り場へ向かうと、店の向こう側に行列は伸び、そのまま薄暗い階段に伸びていた。ここでも係員が「1時間待ちです」と案内していた(^^;。あちゃあ、はまっちゃったか、と思いながら階段を登ると居た居た。女房はすごく不機嫌な顔で「こーんなに時間がかかるのに並ぶんだってサ」と。その横で娘は口を尖らせている(^^;。それまで何も食べられないんじゃかわいそうだから、と息子と混雑する会場で人を掻き分けて「バナナブレッド」を一人ひとつづつ買ってきて皆で食べる。うす甘くてなかなか美味。 女房と娘が買うまでにワタシと息子はぼて棒を買って屋上で食べる。しばらくして女房たちが来た。1時間待ちまで行かないうちに豚まんを無事買えたらしい。 台風一過の晴れた夕空の下、北風に吹かれながらアツアツの豚まんをほおばった。ウマイっ。並んだ甲斐があったね。 もう他を並ぶ気がない一行は、ハチ公前にあるお好み焼きのお店に行くことにした。結構食べていた子供たちはすぐにお腹が膨れたらしく、もんじゃとお好み焼きをひとつづつ焼いたらそれでおしまいになった。 店に戻ってから女房はもう一度調査票を持って出かけていった。おつかれさん。 2509252.jpg