1日雨らしい。

梅雨の走りらしいが、随分と長い長い助走だこと・・・(^^;。とっくに梅雨だと思うのだけど、本当のところはどーなんでしょーか。

先週がビデオ屋半額セールだったため、まとめ借りしてしまったこともあって普段見ている番組をなかなか見ることが出来なかった。「女王の教室」は昨夜めでたく最終回まで見終わった。「TRICK」はまだ続編があるようなのでまた半額になったら借りてこようと思う。

で、朝飯を食べながら大河を見た。息子は部活に出ていてすでに居ない。娘は「つまらないな」と言いながら朝飯を食べていた。もうすぐ本能寺だからそれに向けて状況を設定しているところらしい。
ところで、信長の妻である濃姫は結婚したという事実以外にこれといって記録が残っていないという。記録が無いということをむしろ逆用して、本能寺の場面ではかなり思い切った演出が出てくるという、が。
新聞の投書欄に「黒田官兵衛がキリシタンだ、という設定はもう少し時期が遅い」とクレームのような投稿があった。どうも大河ドラマとなると正確な歴史ドラマになっていないと気持ち悪いものらしい。
まあ、正確であるに越したことはないだろうけど、そもそも原作が小説である以上、大まかな部分は再現できても細かいところまで言うことにそれほど意味があるとは思えない。「信長は本能寺では死ななかった」とかそーいうことまで言わないにしても(^^;、言い出したらほとんど全部が史実と違うってことになってしまわないか。
ドラマである以上、わかりやすくするための脚色はあって当然だし、おおまかな流れが間違っていなければあとは解釈の範囲内で楽しんだらよろしいのでは。

今回の場面で言えば、兵糧攻めの勝負が決した後の描写があってこれは珍しいと思った。合戦と違って血が流れない兵糧攻めは残酷ではない、と語られがちだが、むしろジワジワと死に近づいていくこちらのほうがよほど残酷なのではないか。

1日仕事。荷造り作業が結構大変だったが、がんばった分だけ仕事場に積み上がっていた本が無くなった。いつもお買い上げありがとうございます。

夕食はそら豆ご飯と肉そぼろ。それにラッキョウのスライスが出た。今泥付きラッキョウがスーパーにも出ているが、洗って皮をむいてスライスして食べるとこれがなかなかうまい。ちょうどエシャロットに似た感じ。味噌を付けて食べた。沖縄料理屋さんには島ラッキョウってあったけど、ラッキョウだからって甘酢漬けにしなきゃならないことは無いわけで。
260527.jpg