朝からいい天気。なんだか久しぶりな気がする。

ずっと花粉のことがあって干せなかった布団。今日は息子のを干した。何か月ぶりだろうか。
TVでは植林についてやっていた。興味深く見る。曰く、日本にはその土地その土地にもともと自然に形成された森があったが、人間活動のために伐採され、そのあとには経済的に優る杉や桧が植えられた。たとえば関東地方はタブの木という広葉樹の森が広がっていた。広葉樹は一般的に根が深くまで伸びるので、土地の保持力が強い。また葉が分厚く広いので保水力も高いため、防火の役割も担う。針葉樹は確かにまっすぐのびるので建材に最適だが、根が浅いため倒れやすく土地の保持力は弱い。山間地の土砂崩れが増えたのはその土地になじまない針葉樹の森にしたことが主な原因という。建材の確保と引き換えに安全を手放した形だ。
森は管理しないとダメになる、という話があるが、それはその土地に合わない針葉樹を植えるから起こる現象で、もともと適している広葉樹を植えれば特に管理をしなくても強い森に育つという。強い本物の森は豊かな生態系の基礎となる。戦後の経済優先の考えは花粉症をはじめ悪い影響ばかり与えているのだろうか・・・。
日本の代表的な広葉樹だったタブの木は関東平野一面に森を作っていたが、開発によりほとんどが伐採され、現在は浜離宮庭園でしか見られないとのこと。

夕食後、オークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。その後、夜の散歩に出る。北風が強くて結構寒い。石川台まで往復。ケータイ屋さんの窓から仲間由紀恵ネエさんがニッコリしていたり、25時まで営業の手打ちうどん屋さんがあったり、大通りの向こう側からカレーのいい匂いが漂って来ていたり・・・(^^;。街を歩くといろいろな刺激を受ける。24時近くの新丸子駅はまるでラッシュ時間かと思わせるほどの人が出てくる。先日のビジネスラジオを聴いていたら、飲食店を300店舗経営する社長さんは「街が先生です」と言いきった。いろいろなコトを見るのが一番いいようだ。無論その根底には好奇心が必要だけどね・・・。そんなこと知ってるよ、では役に立たない。だからこうしてるよ、が必要なんだなぁ。

明日からGWが始まり6日まで休む人がいる、ということを知り、軽くショックを受ける(^^;。
9139歩 5.93km 76分 541.0kcal 18.2g
270426.jpg