久しぶりの晴れ間。

朝から荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。朝飯を食べて作業続行。すぐに終わる。お茶の時間、この間の旅行のときにお土産として弟夫婦からもらったカステラを頂く。これがまたウマイ(!)。

お店は定休日。でも、中で作業はしております。昨日買ってきたカーゴ1台強ある荷物を少しずつ崩し始める。いや、これが本当に少しずつで・・・(^^;。もっとパリッと仕事を進められればこれくらいの量は4日で仕事をかけられるはずなんだけど、ネ。ま。あせらずに行きましょう。

こうしてダラダラ仕事を続けていると、目の前に本はあるのに読書ができないということになってくる。結局読むのは寝る前だったり、電車で交換会へ行く時だったりする。特に電車の中で読むことが多い。前よりも交換会へ行ける回数は減っているので、こんなペースでは死ぬまでにあと何冊本が読めるのか、なんて思う(^^;。オオゲサかもしれないが、本屋をやって本のそばにいるという恵まれた環境に居ながらほとんど本を読めないのは悔しい。短編を1冊用意して、仕事の合間合間に一編ずつ読んでいく、なんてのはどうだろうか。明日からやってみようかしら。

前に書いたような気もするが、PCの画面に表示されるフォントを読むのと、本に印刷されている活字を読むのでは、受ける印象は全く違う。なんていうか、PC上で読む文はどれも全部軽くなる、というか、重いものは読めないというか、みょーにすべてが省略されたもののように感じる。書き手も意識して軽くしたり薄くしたり内容を省略したりしているんじゃなかろうか。文章を読む習慣をつける導入としてのPC文章ならもちろんアリだけど、もっとちゃんとしようという想いがあればすぐに物足りなくなるはずだ。文庫本でもいいから、文章は本というパッケージで読みたくなる。
いろいろ理由は考えてみた。電気がなくても読める、とか、どこへでも持って行ける、とか、実は安い、とか。でも、どれも決め手に欠ける。おそらく、理由なんてないんだろう。ワタシは本を読むのが好きなのだ。本屋をやっているのも案外そんな単純な理由じゃないかと思う。

自分が好きなものを好きでいる人はきっとどこかに居る、はず。幸い、今はネットがあるから、本屋には追い風が吹いている。帆を張れば自然に前にすすんでいく。

好きな本のそばで仕事をしながら、明日も頑張ります。
7795歩 4.67km 54分 464.1kcal 17.6g
280827.jpg