店舗定休日。

昼飯を食べながら新聞の評判が良いので録画しておいた「流星の絆」を見る。原作は東野圭吾氏。先日見た「容疑者Xの献身」の調子からすれば、トーンの暗い内容になるはずのこの物語。ところが、脚本を宮藤官九郎さんが担当したことで、全く別の作品に仕上がっている(はず)。原作を読んでいるわけじゃないので面白く見たが、原作大好きな方ではおそらく受け入れられないだろう(^^;。それほどクドカンのドラマになっている。
いや、驚いた。いきなりオモシロ劇中劇が始まるとは。よく原作者が許したな、と(^^;。むちゃくちゃなりに、かなり面白いです。重い内容のドラマはどれだけ重く描くかの競争になりがちだけど、このドラマはそういう路線の真逆を行っている。その勇気と創作力に拍手。

荷造り作業ののち、オークション出品作業。ずっと出品を続けてきた小説の口もそろそろラストに近づいた。店にあれだけ積み上がっていた時にはどうなる事かと思ったが、予想以上の良い反響を頂き、無事売り切れそうだ。ありがとうございました。10月いっぱいこの口があったために交換会を全休することになったが、見方を変えれば行かなくて済んだとも云える。すべてはバランスだけど、たまにはこうして脇目もふらず仕事に集中して打ち込んでみるのもいい経験だったと思う。
受験生だった頃の記憶がよみがえった。

夕食後はオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。ランニングから帰って「流星の絆」第一話を某動画サイトで見る。なるほど面白い(^^)。
7796歩 4.67km 55分 457.8kcal 18.7g
281028.jpg