店舗定休日。

朝飯を食べながら大河。石田三成をこれほど深く描いたことがかつてあったかしら。なるほど三成役に小栗旬さん。これでまたファン層が分厚くなるのでは。

荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。午前中で一段落したので、午後からはオークション出品作業へ移行。例によってはかどらず(^^;。

先日ポチっとした「見仏記」みうらじゅん、いとうせいこう著 が到着したので、ぼちぼち読み始めている。いわゆる蘊蓄王二人の著書だから、読み始めれば文章からものすごい情報量が溢れだしてくるんじゃないか、と勝手に想像していた。果たして案外アッサリだった。基本的に二人の仏像旅の紀行をいとう氏が書き留めていく体裁。仏像に詳しいのはみうらさんなのだが、文章は書かずにイラストと添えられたコメントのみ。みうらさんに奈良を、京都を引きずりまわされるいとう氏、という絵が頭に思い浮かぶ。
広隆寺・弥勒菩薩像に、みうらさんが「エマニュエル夫人の籐椅子のポーズはここから来てる」という考察があり、本当かどうかはわからないもののウルトラマンと並んで弥勒菩薩はすごい力を持っているんだな、と思った。
みうらさんご推薦の奈良・興福寺と東大寺三月堂。京都・東寺と三十三間堂はいつか機会があれば再び訪れたいね。

先日みうらさんがラジオに出ていた時、今仏像ブームと云われていますが、と安住アナに水を向けられて、やっぱり若い女性がうっとりするくらいのものじゃないとブームっていわないですよね、とみうらさんは言っていた。うん、それはそうかもしれない。今上野に居る阿修羅さんを見に女性が殺到しているというから、やっぱり仏像はブームなのかもしれない。世の中が不確かになっているからなぁ・・・。何百年と生きてきた仏像に対する憧れを感じても不思議じゃないよね。

息子に「もう見た?」と言われたので、涼宮ハルヒの憂鬱「笹の葉ラプソディ」を見てみた。オープニングとエンディングが変わっていた。「なぜ?」の声も多かろう。その答えは「封印作品の憂鬱」安藤健二著に詳しく書いてある。もうハルヒダンスがこの二期で登場することはないはず。
キーワードだった「三年前」に何が起こったのか、が描かれていた。典型的なタイムマシン話だったな・・・。映画「ターミネーター」にもあったけど、ネタ元はやっぱりドラえもんということになるのかしら・・・。

夕食は冷やし中華。うまいっ。
9877歩 5.92km 68分 586.5kcal 26.7g
290526.jpg