曇っていたが、晴れてきた。

歯医者へ。今年最後。いつものようにお掃除してもらう。外に出ると青空。年賀状の本を買おうと思い、西口にある書店へ。いつもよりレジに人が多いと思ったら、「研修」の名札を付けた女の子が二人。中学校の体操着を来ている。ああ、そうか。今年も職業体験の時期が来たんだな。ワタシが通った地元の中学校。ワタシの中学生当時はそういう授業はなかったが、現在は地元の商店で職業体験することになっている。息子も中学生の時にこのお店でお世話になっていた(ありがとうございました)。他にスーパーなどでも受け入れてくれているようだったが、息子は書店を選んでいた。
中学生二人は少し緊張気味の引き締まった表情でお店の人の指導を聞き入っていた。それくらい真剣にやればきっと大丈夫。勉強よりもずっと楽しいことがわかってくるはずですヨ。

店に戻って荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。

昼飯を挟んで作業続行。しばらくして娘が息を弾ませて帰ってくる。「今日ね、お友達がくるから。」あ、そうなの。「ええとね・・・5人・・・くらいかな。」え。そんなに来るんだ。すごいじゃないの。「ミサンガ教室やるの。じゃ、準備があるから。」とサッサと上がってしまった。うれしそう、というよりも少し緊張した表情だった。
しばらくして、一人、また一人とお友達。男子2人に女子3人。最初に来た男子二人。「おじゃまします。」とあいさつのあとに「なんかきんちょうするなぁ・・・・」とつぶやいていた。そうだよね。ウチは男子にとって「女の子の家」でもあるわけだ。小学校も高学年になると、やっぱりそういうことを意識するんだろうな。そりゃそうだろ(^^)。

文化系ラジオのポッドキャスト配信がはじまっていて、ツイッターの巻を聴き始める。まだ最初の段階なので、ツイッターでしかできないようなことが感覚的に伝わってこない。有名人の新手・囲い込みツールか?という印象だが、聴き続けているうちにやってみようという気持ちにまでなるのかどうか(?)。
11807歩 7.08km 88分 665.3kcal 28.2g
291125.jpg