といっても、特段に変わることもなし。

荷造り作業。昨日までご送付先をお知らせいただけなかった方から2件ご連絡があり、嬉々として荷造り。交換会もなく、入荷した本に淡々と仕事をかけていく。

朝飯を食べながら爆問を見た。イグノーベル賞の紹介をしていた。ばかばかしい研究に与える賞らしいのだけど、実際にはどこかにつながる研究ばかりのようだった。まあ、シャレなんだろうね。バウリンガルもこの賞を過去に受賞していたらしい。おもしろグッズかと思っていたが、ちゃんと膨大なサンプルを集めて声紋分析して、鳴いている時の動画と照らし合わせた上で製品化していた。そーだったかー・・・。
太田さんも言ってたけど、バカバカしい研究とちゃんとした研究を線引きする基準ってなんだろうね。どんな研究でも深く掘っていけば何らかの”真理”に到達できるはず。それはアプローチの仕方が違うだけで、バカバカしいもちゃんとしたも違いはないのでは?
人間の最もキライな音は「黒板を引っ掻く音」で、実はその音がチンパンジーの発する「仲間に危険を知らせる鳴き声」に酷似していた、なんて結果が出た。これはもう立派に学問の領域でしょう・・・。

明日ドーンと到着する予定の大市会落札品にそなえ、せっせと本の整理。とはいえ、1日にやれる仕事量にはおおよそ限界があるようで、意気込みよりも少ない結果しか残せなかった(^^;。

夕食後はランニング。ゆっくりと長原往復。雪谷駅前で検問やってた。
10713歩 6.42km 82分 620.6kcal 27.8g
20110930.jpg