甘露日記

古本屋甘露日記 http://www.kanroshobo.com

2002年03月

ボーリング

朝は眠かった。

ワタシには寝不足が一番こたえるようだ(^^;。

朝飯を食べ終わるともう11時少し前。子供たちのお友達のピアノの発表会を聞きに都立大駅まで行く用事があるそうな。13:30開演なので、13時前には出発するらしい。ワタシは同行を遠慮して近所の床屋へ行ってきた。なんと2ヶ月ぶり。伸びるはずだ。

帰ってきてからビデオに撮っておいた金八先生の最終回スペシャルを見る。演奏会が終了したら女房から電話がかかってくる事になっていた。長いなァーと思いながら見ていると、すべて見切れないうちに電話がかかってきた。都立大駅改札で待ち合わせ。すぐに出かける。

まずは昼飯。近くに何か店はないかと見てみても意外に見当たらないものだ。ちょっとした食事をする店が無いということでは新丸子以下(^^;。最近の新丸子はすごいよー。
で、目黒通り沿いのファミレスに入る。適当に食べてそばのボーリング場へ入った。東横線の車内からいつも見えるここは随分前からある施設だ。結婚前から来ているけど結婚してからは息子を連れてたった一度しか来てなかったな。今日は下の娘も連れてきたよ。

中に入ると、まず1階がビリヤードと卓球場になっていた。ボーリングだけじゃ経営が難しいのかな。2階のボーリング受付に行くとすぐに始められるとのこと。1ゲーム500円は10年前のまま。微妙にトイレの強力な芳香剤の匂いが漂ってくる。

周りには若者の10人くらいのグループや、ウチより少し上の年齢の子供を持つ家族連れ。手軽に出来るゲームだからもっと流行ってもいいのにね。ほとんどボーリングが初めての息子も、2ゲームするうちにスペアを2回も取れるくらいになった。ワタシは123が最高点。随分衰えたものだ。

都立大の駅から線路沿いに自由が丘まで歩くことにした。ここも結婚する前には随分歩いた道だった。花の季節で庭に植えられた花木が咲いているところが多くてなかなか良い。クルマの量も少ないので散歩にはいいかもしれない。ただ、そばを通り抜ける電車の騒音が以前よりもずっと大きくなっていた。特急ダイヤ導入によるスピードアップが原因か。

自由が丘駅から東横線に乗って帰ってきた。今日が年度末。女房は19時から町会婦人部のお疲れ様会へ出掛けた。娘は疲れて寝てしまっている。ワタシもゴロンと横になっていたら息子に「すごろくしよう」と起こされた。

寝かせてー(^^;。

仕舞い

昨日は明古が終わってから経営員10人+Kくんの11人で飲みに行った。

終わったあと、神楽坂へOさん、RHくんとワタシの3人でお邪魔した関係で帰宅は日付が変わった1時ころ。メールチェックするとご注文多数。仕事しているうちに2:30になってしまった(^^;。

今朝は8時起き。寝不足のまま愛書会へ。
昨日は大道氏のは買えなかったけど、篠山紀信のプリントを一括買うことは出来たのだ。ただ、ゆっくり見るヒマなどもちろんない(^^;。とはいえ、教育会館での時間はマターリと過ぎていくのだった。

昼飯は専大前交差点そばの天麩羅いもやへ。土曜日で少しすいているものの、家族連れの姿もあった。豪勢だよねぇ。あ、でも安いか。

今回は売り上げ的にはそれなりに良かったが、高額品について見てみると、ほとんどがご同業からのご注文だった。お客様からのご注文だけではかなりの数が売れ残る事になる。景気は回復したのか?と書いたけど、正直景気回復などまだまだというのが実感だ。

17時閉場。片付ける。ついさっきまで本がズラリと並んでいた会場が会議室へと戻っていく。なんだか化かされたような不思議な気分だ。次回5月展の目録締切日が4月16日。ギエー(^^;たった2週間しかないじゃないか。

帰ってくると甘露通信目録がまだ届いていないとのこと。これで4月1日発行は難しくなりました。

「東京エレジー」売れる。

通り過ぎゆくもの

金曜、明古。

三口の要仕分荷。地方荷も40箱ほどと多め。さすがは特選市会だ。

その中の一つが写真の口だった。写真集ではない。写真なのだ。他の仕分けをしていたら、その荷主の方から呼ばれた。すぐに写真集の原稿であることに気が付いた。古びた大きめのなんでもない封筒の中には写真が無造作に突っ込んであった。その4ツ切りプリント群にはすべてトレーシングペーパーがかけられており、ダーマトグラフで「Wトーン」やら「85%」「10ページ」などの指定がされていた。

いろいろと封筒をあれこれ見ているうちに目に止まるものがあった。一瞬背中がゾクッとした。「かげろう写真」。この文字を見たときにはすでにある確信が頭にあった。中の写真を見た。やはりそうだった。森山大道氏の「蜉蝣」の原稿写真だったのだ。またもや明古に「歴史」が出て来た瞬間だった。
ただ、自分の直感をそのまま鵜呑みには出来ない。いろんな方に出版社の筋からも聞いてみた。やはりどうやら間違いない。ただ入札封筒には詳しく書くことは避け、ただ「かげろう写真 10枚」とそのまま書くにとどめた。すでに心臓はバクバクしていた。

荷物はやはり普段より多めだ。会場に満遍なく品物が行き渡った。あの「かげろう写真」は会場の隅の立てかけに置かれていた。いくら入れたらいいだろうか。そのことで午前中から頭が一杯だった。刻々と開札時間は近づいていく。どうしよう。あまりに見当はずれな札は書けない。かといって予想以上の値段で落札してしまったらそれはそれでちょっと困る、などと買う前から要らぬ心配などしたり。

開札途中に10分休憩がある。その間に意を決して入札した。ここまでならなんとかなる。いや、何とかしてみせる。そのギリギリの値段だった。
開札が進んでいく。札を開けたRHくんがこっちを見ている。なんだ、どうしたんだ。駆けつける。結果をみて唖然とした。ワタシの札など寄せ付けぬ強力な札が品物には付いていた。あまりの金額の開きに言葉もなかった。
やはりワタシごときには「歴史」を背負う資格はなかったのだ。
でもどこかでホッとしてもいた。初めから通り過ぎ行く運命だったとしても、「歴史」がワタシに一瞬でもウィンクしてくれたような気持ちになれたからだ。

「市場は宝の山だ」
少し前まではまるで他人事のように聞いていたこの言葉の意味がわかりかけてきたような気がした。

並べ

愛書会並べの日。

教育会館の会議室の都合で、17:30集合の作業開始となった。

ちょっと時間が空きすぎるなァ。一新会は欠席することにした。朝から前金分の梱包作業。そのうち娘のお稽古事の発表会へ女房・子供が出かけて行った。「お昼は適当に食べてねー」了解。

発送した帰りに近所のホカ弁屋さんへ。さあて何にしようかな。いつもだとカラ揚げかしょうが焼き弁当なのだけど、ちょっと変わったものにしたくなり、メンチカレーにしてみた。500円。冷静に考えるとちょっと高いね(^^;。メンチは揚げたてを入れるらしく、簡単に出てくると思いきや、あとからオーダーした人の弁当が先に次々出てくる。5分くらい待ってやっと出てきた。「お待ちどうさまでしたー」待ちましたー(^^;。

持ち帰ってお客様の誰も居ない店内でカレーを食べる。オヤジは明日の愛書会の抽選作業中。16:30まで本の整理をし、二人で神保町へ出かける。到着は17:20。ピタリだ。

愛書会同人の皆さんは1階ロビーにいらっしゃった。「さっき7階へ行ったらまだ入っちゃダメって言われちゃったよ」とのこと(^^;。10分ほどそこでマターリし、作業開始。荷物は上がっているし、あとは展示台を並べるくらいか。

作業終了は19:40。オヤジと二人で専大前交差点際の天丼やへ。春盛天丼690円、冷奴90円、グラスビール200円。天丼にはえび、いか、タイ、たけのこ、たらの芽が入っており、美味。おなかも丁度一杯。オヤジはだいぶ気に入ったらしく「今度からここへ来ればいいんだね」とか。天丼は高血圧には毒らしいからほどほどにネ(^^;。

帰ってきてメールチェック。もう明日は金曜日か・・・。密度が濃かったような、何にもしてないような・・・。それでも時間は等しく過ぎていく(^^;。

明日はもう雨だと。信じられん!

一日雨

雨の日が楽しく感じるなんて、雨不足の夏くらいかもしれない。

今年は菜種梅雨が無いうちに桜が咲いてしまったから、このまま初夏まで行ってしまうのか、と思っていた。桜は早かったが菜種梅雨が遅れたようだ。このままなら水不足だから雨でホッとしている人もいるだろう。
冷たい雨。本屋殺しの雨だ。

昨日の深夜、甘露通信の原稿を打ち出し、前金でお送り頂いた分の荷造りを終えた後、愛書会の荷物を2階から1階へ降ろした。毎回大変ではあるけれど、何度もやっていると身体は自然に楽な方法を自ら考え出す。回数を重ねるたびにいつの間にか終わっている感覚になってきた。
朝から雨で運び出す作業が少し心配。今日は甘露通信の入稿と月曜日の売り上げを受け取りに出かけなければならず、荷物はオヤジたちにまかせた。

市場でKさんにお会いする。近くでお茶をご馳走になった。あれこれと仕事のお話。

戻ってから郵便局へ駆け込み発送一件。あとは甘露通信発送用封筒作り。

一日ひたすら本の整理

朝から雨。

こういう日はお店は売れない(^^;。一度暖かくなってから季節が急に逆戻りすると実際以上に温度差を感じるもの。寒い日だ。

今日から子供は春休み。早速女房に「どっか連れてってー」とねだっている。天気がよければ何処へでも行けるけど、雨だから渋谷の児童会館へ行くことになったようだ。

店を開けてからじっくりと本を整理していく。やってもやってもまだまだある(^^;。いつの間にこんなに買ったのか?
売れてくれますように、と思いながらデータベースに入力。アップ作業。少しづつ区切らないと延々本の整理だけで時間が過ぎてしまいそうだ。

子供たちがうえから降りてきた。お出かけするらしい。女房が弁当を持って降りてくる。いってらっしゃい。時折雨がやんで外が明るくなったりしたけど、結局は雨模様の一日。

カメラ本の整理・入力。まとめてご注文のお客様有。有難い。
気が付けば13時過ぎ。弁当を食べよう。向かいの自販機が今月変わった。はやりの中国緑茶を飲みながら握り飯をパクつく。

午後、哲学関係をお求めのお客様がお帰りになったあとは、再びガランとした店内。本の整理を引き続き。すると子供たちが帰ってきた。そうか、もうそんな時間か。パソコンをいじらしてくれとうるさい子供たち。たまたまケータイが鳴る。膝に乗ってきて喋らせろと手を伸ばしてくる。仕事にならない(^^;。女房は夕方の買い物をしているらしい。しばらくして帰ってきた。日曜日の写真を回収してきてくれた。見る。ロクな写真がない(^^;。まあいつものことだけど・・・。

女房が子供たちを引き取ってくれたので再び仕事。うーん、キリが無い。

オチも無い(^^;。
ギャラリー
  • 代々木公園
  • トップページ・ビルボード
  • 土曜日
  • トップページ・ビルボード
  • 今日も交換会へ
  • トップページ・ビルボード
  • 交換会へ
  • トップページ・ビルボード
  • 雨
記事検索
アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ