甘露日記

古本屋甘露日記 http://www.kanroshobo.com

2002年07月

余韻

朝起きて、メールチェック。ご注文有難うございます。

毎朝の仕事、ゴミ出しをして、布団上げをしているうちに朝飯の時間。食事をしてから店を出す。すぐに雨が落ちてくる。どうやら台風の影響らしい。

郵便。ご入金分を荷造りして出しに行く。ウチの目の前にあるスーパーがリニューアルオープンした。定期的なことなのか、テコ入れということなのか。とにかく最近は何処へ行ってもなかなか景気のいい話を聞くことができない。

市場へ行く。今日は一新会。開札に間に合った。一通り入札してから明古大市の清算。差し引きすると支払い(^^;。
帰り道でも雨はパラついていたが、渋谷駅で地上に出ると雨は止んでいた。Bカメラで出しておいたフィルム現像を受け取る。ついでにVAI○用のキーボードカバーを買ってくる。新品購入時に一緒に買ったものが劣化してしまった為。
店に戻ってお茶。本の整理とデータ入力。実は過去最大級の在庫データ数になっている。といっても、全然たいした事のない数字であるが・・・(^^;。

明日の明古は特選市会。すでにものすごい量の地方荷と大変な優品の出品が決定している。大変なことになりそうだ・・・。

「千と千尋の神隠し」

で、念願の「千と千尋の神隠し」をやっと見ることが出来た。

思えば長かったなァ。たしかこの映画を製作しているというお話は、2000年中によく掲示板に書き込んで下さった亞季さんからお伺いしたもの。それから2年も経っているとは。
ずっと見たいと思っていたけど、映画館に見にも行けず、空前の大ヒット。見る前からいろいろ良い評判ばかり聞いていた。

湯屋・油屋を中心とした世界観はまずもって見事!その存在する場所が”新興住宅地”のすぐ外れにあるというのも良く考えると深い気がする。疲れを癒しにくる八百万の神々は、もともと長年日本人ととても近い距離で生活していた。見えないながらもその存在をいつも感じていた日本人も、いつしかその存在を忘れてしまい、踏み入れてはいけない場所に開発の手を伸ばしてしまったのだろう。

迷い込んで両親が捕らえられ、ハクの手引きで湯屋で働く事になった千尋。湯婆婆に名前を奪われ、千と名付けられる。本当の名前を忘れるとこの場所からの帰り道さえわからなくなってしまうという。
千の湯屋での活躍。文字通り癒し系という言葉がピタリ。
ある日、ハクが襲われ、死にそうになる。助けようと片道電車に乗り、湯婆婆の姉銭婆のもとへ。思いがけずやさしい銭婆。元気になったハクが迎えに来る。「自分の名前を大事に」と銭婆は千に声を掛けた。ハクの背中に乗りながら、ハクの名前を思い出す千。そのまま話はイッキにもとの世界に戻るまで進んでいく。

決してもともと強くない女の子が、全く馴染みのない世界でドジをしながらも一つ一つ乗り越えて成長していくお話。一行で書くとこうなってしまうけど、ドカ食いする人間を変身させてしまったり、廃棄物で弱った神さまを助けたり、と、完全におとぎの世界の話では片付けない視点がある。

偽坊に気が付かない湯婆婆。元の姿に戻りたがらない坊。そして、心が飢えていたカオナシ。「自分の名前を大事に」というメッセージにワタシは心を動かされた。自分の存在を認めなければ、他人から認められるはずがない。自分の場所は自分で切り開かなくて誰が用意してくれるというのだろう。

また、他人の存在を感じることで、自分の存在を強く感じることが出来る。自分を大事に出来なくて他人とうまくやろうとしても無理な話だ。

人は決して一人で生きていない。この映画の一番深いところに、そんなメッセージが流れている気がした。

市場へも行かず・・・

昨日、オヤジたちは谷川岳へ行ってきたらしい。

「憧れの山」だったのだそうで、来るなりずっとその話ばかり。楽しそうだねぇ。良かった良かった。夫婦二人の共通趣味が出来て(^^)。冬は行けないだろうから、夏のうちにどんどん行って来てくださいな。

郵便が来て、前金の荷造りをしているうちに思ったより時間が過ぎてしまった。市場へ行けるリミットが過ぎ、今日は店で本の整理となる。愛書会名簿の作業でも良かったんだけど、午後は女房と子供たちが昨日から楽しみにしていた「千と千尋の神隠し」の上映にデスクトップPCが使われてしまうため、出来ない(^^;。

午後一杯かけて本の整理を、と消極的なイキオイをつけて始める。

メールでのご注文をいただく度に2階へ上がると、3階から笑い声や歓声が聞こえてくる。「千と千尋」楽しんでいるようだ(^^)。いいなぁ。

しばらくして電話。「息子の本で長いこと押入れに仕舞ってあったんですけど、整理しようと思いまして。」どんな本ですか?「30年くらい前の哲学やらむずかしそうな本が多いんです。私わかんなくて・・・」お母さまからの電話である。量はどれくらいでしょうか?「300冊くらいあります」ではお伺いしてみます。ただ、現在は本のよっては引き取れない本もありますので、という事も伝えておいた。
すぐにクルマでお伺いする。20分ほどの距離。拝見し、残念ながら買い取れず(^^;。
早々にお暇した。

今晩は遅ればせながら「千と千尋」を見てやるぞぉー。

多摩川

すっかり夏モード(^^;。

昨日子供たちは多摩川から帰ってきて汗びっしょりながらも楽しそうに「魚とエビがたくさん取れたよ!」と報告してくれた。それに触発されたわけでもないけど、今朝は早起きして久々に多摩川でコイ釣りをすることにした。

かれこれ2年は行かなかったんじゃないかしら。先日の連続台風で、ポイント付近の砂利溜りがきれいに流されて釣りやすい状態になっているのを、東横線から見て知っていたから釣る気になったせいもある。
とにかく3時半起きで歩いて多摩川へ。途中コンビニによっておにぎりとお茶を買い、早足でポイントへ。新しくなった丸子橋を登って土手を越える。あたりは東の空が少し明るくなってきた程度。やや?深夜(早朝?)だというのに自転車3人組がワタシのめざすポイントを目掛けて走っていく。そうか、もう夏休みだったね。

ところが行ってみるとワタシの釣りたかったポイントには誰も入っていなかった。4:10過ぎから釣り始める。大潮で満潮は3:10。次第に引けてくる潮加減。爆釣パターンのはずなんだけどなァ。なかなか口を使ってくれません(^^;。
あ!来たーっ!ひさしぶりの魚の感触。なかなかの引きで、上げてみると40cmクラス。いやぁー良かった。坊主を逃れる。時に4時半。
その後、アタリはもらうがすぐにバレてしまったのが2回あり、沈黙。おかしいなぁ。何で釣れないんだろ。さっきの自転車3人組は小学生で、バス狙いのタックル(^^;。おいおい、バスなんてここにいるの(^^;?ワタシがさっきからバラしをしている様子を見て寄ってきてしまった。あーあ。これで今日はダメかな。
明るくなるにつれ、次第に他の釣り人も増えてきた(^^;。いよいよダメかな?と思いきや、定番のポイントしか狙っていない彼らを意識的に外した場所で特大がヒット!うーん、重い重い。アンタレスのドラグが鳴りっぱなし。巻いても巻いても寄ってこない。5分くらいかけて岸に寄せると60cmを軽くオーバーする大物だった(^^)。気分良し。6:25の出来事。

7時に納竿。いつしか空はカンカン照り。帰ってからメールチェック。いつもご注文ありがとうございます。
店を開けてから先日購入のローライ35Sのコトをあれこれ書く。アップして本の整理。一段落してデータをアップ。どうかご注文いただけますように!

今週末はバス釣りにも行っちゃおうかしら・・・(^^;。

ひさしぶり

久しぶりに中央市へ顔を出せることになった(^^)。

とはいいながらも、月曜日はいつも忙しい。女房と子供たちは多摩川へ魚取りに出かけていた。「たまがわでおべんとたべるー」と娘はとてもうれしそうだった。ご注文品の発送作業をしているうちに13時。マズイと思い用意してあったおにぎりを食べてから出かけようと準備。もたつく(^^;。時計を見るとすでに13:30になっていた(^^;。マニアワナイ。

急いで電車に乗る。多摩川鉄橋に差し掛かると、ちょうど橋のすぐ下で女房と子供たちが川に入って夢中で魚取りをしているのが見えた。すこしニンマリ(^^)。魚取れるといいねぇ。

市場到着は2:30少し前。ざっと見てまわる。最終台に書簡の一口が並んでいた。詳細に見る。入札。いや、これじゃ落ちないだろうな、と思いながらも、今日はそれ以上札を入れられず。

秋葉原を散策。これまたほとんど一ヶ月ぶり。このひと月でまた状況が一変していた。PCの値段がガタッと下がっていたのだ。一時チップ価格の高騰で一斉値上げをしていたが、不況によるデフレ圧力に屈した模様。売れなきゃしょうがないものね(^^;。VAI○のFXが15万円代から。グラグラする値段だよねぇ。買わなかったけど(^^;。
ボーナス時期だっていうのに秋葉は全体的に閑散とした様子。巷では某大国の大企業が粉飾決算から史上最大の倒産劇をやらかして株価が暴落しているという。ウソは新たなウソを呼び、後で取り返しがつかないことになる。大企業はともかく、中小は正直を武器にして生き残りをかけるしかない。正直者が馬鹿をみるような社会にしてはならない。

市場へ戻る。入札したものはことごとくやられていた(^^;。うう、寂しいなぁ。たまたま会ったMさんと長い立ち話。戦利品ナシで遅く帰っては顰蹙なので、慌てて帰路につく(^^;。

身軽なのをいいことに、渋谷でBカメラに寄る。このあいだ出しておいたローライ35Sのスリーブを受け取る。ついでに「千と千尋の神隠し」のDVDを買った。映画は本来劇場で見るものだけど、しばらく行けないわが家族はDVDで買って楽しむのです(^^;。といいつつ、いまだDVDプレーヤーはPC付属のものしかないという体たらく。女房のお許しがまだ出ないんですよ(^^;。

「今使っているVTRが壊れたらDVD付きのを買えばイイじゃない!」ん。ごもっともデス(^^;。

夏はプール

昨日予告どおり、プールへ。夏は暑い思いして下手に出かけるより近くのプールが一番!

それでもたまの休みだから、朝は8時までゆっくりと睡眠を取る。起きてからメールチェック。ご注文品にメールを差し上げる。いつも有難うございます。

朝食にパンを食べ、出たのは10時過ぎ。バスに乗って等々力緑地のプール到着は11時少し前。券売所に行列。それでも中に入ってみればそれほど混んでいない。大人しか入れない競泳用プールはガラガラだ。いいなぁ、今度は子守から離れて競泳プールで思いっきり泳いでみたいものだ。・・・当分無理だろうけどね(^^;。
お昼を前にして入ってくる人と出て行く人の割合が崩れない。むしろ昼飯を食べるのでプールの中に入らない人が居るから、昼前後は少し空いてきた。いい感じ。でも先週よりも日差しが強くて暑いね。

12:30に出る。大体これくらいで子供たちが限界になる。背中がピリピリ痛い(^^;。紫外線は放射能と大して変わらない威力があるそうな。ただ焼くだけで日光に肌を晒すと、後年皮膚癌を起こす危険性が増すという。そういう意味でもこれくらいが限界。

プール近くのイタリアン・ファミレスに入る。先週は混んでて入れなかったが、今日はすぐに座れた。生ビールを流し込む。うーん、ウマイねぇ(^^)。女房はきのこのスパゲッティ。息子はミートソース。娘はイタリアン・キッズプレート(お子様ランチのこと)。ワタシは若鶏のなんとかステーキ。それとピザを取る。ビールがあっという間になくなり、メニューを見て安く上がりそうだと思ったので、デキャンタワインを追加する。運動した後だからみんな良く食べること。ウチは頼んだものは全部キレイに食べきることにしている。そろそろ息子は大人と同じ量を食べるようになってきた。育ち盛りだよね。親として支えてやらないと。

帰ってきていい気分で昼寝。自堕落じゃないよ(^^;。夏の日の過ごし方はこれが一番正しいのです(^^)。

日が傾いてから、女房のたっての希望で例の居酒屋で晩飯。少し少なめにして終わりにし、帰ってから茹でておいたとうもろこしを食べる。巨人戦を見ながらビール片手に食べるもろこしはウマイ。

なんだか食べる話ばっかりだ(^^;。でもね、ウチはおかげさまで誰も夏バテしないんですよ。
ギャラリー
  • 代々木公園
  • トップページ・ビルボード
  • 土曜日
  • トップページ・ビルボード
  • 今日も交換会へ
  • トップページ・ビルボード
  • 交換会へ
  • トップページ・ビルボード
  • 雨
記事検索
アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ