甘露日記

古本屋甘露日記 http://www.kanroshobo.com

2006年03月

上野の桜

快晴。

横浜へ向かう。角を曲がってまっすぐ歩くと桜が目に飛び込んでくる。視線を桜に固定して徐々に近づく。地味な公園なので花見をしている人もほとんど居ないが、満開の枝と五分咲きの枝が混在。もちろん桜の下を歩いた。春の香り。桜が静かに春を唄っている。そんな気がした。

昼前まで古書会館に詰めて、いくつか仕事を抱えて神保町へ向かった。地下の本は佳境にさしかかる。読んでいるうちに神保町駅に半蔵門線が滑り込んだ。ちょうど本には永田町駅の事が書いてあった。
靖国通りではワゴンセール開催中で、古本のほか雑貨などがズラリと並んで花見で賑わう界隈を盛り上げる。ちょっと風が冷たくて道行く人の足は早めだったが。
入札を終えてからすずらん通りの洋食屋さんでいつものカツカレー。相席の正面には親子らしい二人組。カレーの大盛二つと揚げ物単品づつ頼んでいた。通な頼み方。それにしても大盛カレーのすさまじい量(^^;。
親子の会話というが、父親と息子の場合、ある時期接触を避けたくなる時期が来るような気がする。オヤジをライバル視するからか、趣味が合わなくなるからか。ワタシの場合は高校から大学がその時期だった。目の前のお二人もあまり会話する様子もなく、もくもくとカレーを食べていた。変な意味じゃなくてきっと仲がよろしいんだと思う。

食べ終わってから銀座線神田駅から上野まで。満開の桜を見ようと思う。聚楽の階段を登って西郷さんから博物館方面へ歩く。精養軒の手前から桜のトンネル。すごい迫力だった。人の量もすごい。川となって流れている。両側には青シートで場所取り。「3/31○○企画宴席」とか「3/31○○株式会社宴席」と書かれた看板が掛かっている。初めて見ました(^^;。すげえ。
皆さんおのおのケータイやデジカメを持って写真写真。もっさりとボリュームのある桜の花は今を盛りと咲き誇っている。やはり上野の桜はすごかった。実は初めて見た。人を惹きつけるわけが良くわかった。

再び地下鉄に乗って神田駅。ここと永田町の駅のホームには両端にしか上がり口がないが、それには理由があるらしい。
明古の落札状況を確認し、引き取りに来ることにした。いったん店に戻ってからクルマで再び神保町を目指した。年度末。道はかなり混んでいた。1時間半ほどかかって古書会館着。荷物を積み込んですぐに取って返す。下りはすいていた。西の空に皿のように薄い月が冷たく輝いていた。

戻ってから晩飯。なんだか味噌汁がとても旨く感じた。
260331.jpg

今日もやっぱり1日店

朝は晴れている。今日も寒い。花冷えが続きそう。

先週あまり出品できなかったことと、年度末で皆さんお忙しいのか、今週は発送荷物が少な目で推移している。少しゆったりした気持ち。昨夜はつい無料のインターネットTVを夜中まで見てしまった(^^;。結構眠い。
最近はずっとハリウッド的な映画を見なくなってきた。そういう歳になったからなのか、”これでもか”的な演出のハリウッド映画に嫌気が差したのか。ワタシがそーいう歳になったってことかもなぁ・・・(^^;。

と云いつつ、飯時を利用してこの間買った「HR」を見ている。2002年の10月から放送された三谷幸喜作のシチュエーション・コメディ大作。大作というには30分番組だったけど、これを毎週放送していたところが大作的ですごいと思う。子供たちも好きで、とりあえず一度最初から最後まで通しで見てしまわないと納得しない様子。同じセット(学校の教室)で、ほとんど同じ出演者で、まるで舞台でやっている演劇が収録されているような感じ。出ている人も舞台でやっているような演技をしている気がする。毎回学校の何気ない場面から、ちょっとしたウソがきっかけになってどんどん話がズレていく展開なんだけど、それがシチュエーション・コメディの面白さなのかもしれない。
毎回見ながら子供たちもワタシたちもゲラゲラと笑う。ここに何度か書いたかもしれないが、大人も子供も楽しめるドラマってなかなかない。クドカン氏のドラマは確かに面白くてワタシは大ファンだが、子供たちに見せるにはどうだろうな、と考えてしまう時がある。分別のある大人が見て面白がる内容だと思うので、面白さの方向性が違うのかもしれない。
息子はもう中学生になるので、見るものは自分で取捨選択できると思うけど、娘はまだ小さいからねぇ。ある程度はこちらでコントロールしてあげることがまだ必要だ。

午後一杯オークション出品作業。ラジオを聴きながら、今日は作業がはかどった。お茶の時間に出たのがお汁粉。母親が「お仏壇に上げたままずっと開くの忘れてたのよ」という鏡餅を入れたもの。まあ骨折騒ぎとかあったからね(^^;。治ってよかった。

夕食はアジの開き。こういう食事が一番かなぁ、と思えるようになってきた今日この頃(^^;。

トータス松本のラジオは今日が最終回。ずっと聴いてたんだけどなぁ。最後は弾き語り生ライブ。
260330.jpg

今日も1日店

朝起きて快晴。でも外に出る予定なし(^^;。

子供たちが居ると思ったら春休み中だったなぁ。朝飯を食べながら月曜日に録画したスマスマを見る。女房が”カリスマ主婦”という称号に引っかかっていた(^^;。TVとか出てモデルの仕事してたら主婦って言うのかなぁ、というのが趣旨らしいけど、ご結婚されていれば広い意味で主婦と云えるんじゃないスか?よくわかんないけど。

もうすぐ4月だった。それにしては寒い。気がついていつもなら午後から点けるラジオのスイッチを午前中から入れた。番組改変期。最終回を迎える番組も多い。変わらない番組もあるけど、放送時間が移って事実上聴けなくなる番組もあったりする。やっと慣れた頃に変わるような気もする。それだけラジオで喋れる人が多いということかしら。音楽やっている方はその活動がラジオと親和性が高いからかしら。TVでは音楽番組って減ってますからね・・・。

昼飯を食べながらHRのDVD。子供たちも大好きらしい。つい1時間分見てしまった(^^;(仕事しなよ)。

午後もまるまるお仕事の1日。外に出られなかった。Iさんが明古のメールマガジンで「軟禁状態」と書かれていたが、ワタシも同じです・・・(^^;。作業場を見渡して仕事をかけなきゃ、という本の山を発見しては整理したりして。仕事に区切りも終わりもありません。

夕飯を食べながら再びHRのDVD。息子は春休みということでお友達のウチへお泊り。随分と仲がよろしいようで。ウチはお迎えしようにも場所がございません(^^;。

オークション落札品のメール書き作業をしていたら、女房の実家からお電話有。いつもお正月にお邪魔していたのだが、今年は体調を崩されてその時期を外すことになった。春休みだし、孫の顔を見せに行こうと女房と相談していたので、その話だろう。いつ行くことになるかしら。

最終回というスネオヘアーのラジオを聴きながらメール書き作業。いつもお買い上げありがとうございます。
2603291.jpg

1日店

曇り空。

朝飯を食べながら昨夜録画の西遊記特別編。総集編のようなものだった。映画化とか。
店は定休日だったが1日店で仕事。積み上がった本の山を少しずつ崩していく。どれも売れてくれるはず。そう思いながら札を書いている。売る方法はいくつもあるけど、制限もあるので考えながら。その作業が楽しい。なるべく欲しいと思っている方に本が渡りますように。そんなことを念じながら。

今月中旬以降、例のPSE法に動きがあった。4月からPSEマークの付いていない電化製品の販売が禁止されていた問題で、有名ミュージシャンが中心になって法律反対の活動を始めたところ、急遽ヴィンテージ楽器が対象から外された。何をしてヴィンテージと定めるのだろう?と思っていたところ、その基準が明確になる前に、販売は禁止だがレンタルという形で4月以降も流通が可能、とさらに変更となったようだ。

その件について今日はラジオで専門家が話していた。「この法律(PSE法)は憲法違反です」と(^^;。モノの価値(財産)を法律で規制するということは憲法が保障する財産権の侵害に当たるという。ヴィンテージは除外という規定もこれまた憲法が保障する「法の下の平等」に違反するので、どう転んでもPSE法が憲法違反の疑いが濃厚であることは動かないという。なんなんでしょう・・・。

今後の道筋としては、レンタルということで今までどおり流通させて実際の金銭的被害が発生しない状態にすれば損害賠償訴訟が出来ないため、当面この状態でやり過ごしたあと、臨時国会を開いて法律改正の手続きを取るんじゃないか、という。
どうやらこれで手打ちかも。直前にはなったが問題解決に向けて動き出したのは良かった。でもたしか全国500箇所に検査機器を配置することになっていたはず。この機器はまるっきり無駄になるんじゃなかろーか。まして、PSEマークの意味そのものが無くなる可能性もこの専門家氏は指摘されていた。いったい何のために、誰のために・・・。

ラジオはいいなぁ。こういう市民生活に直結する問題をちゃんと取り上げてくれる。今回は問題発生から経過、結果までをラジオで追うことが出来た。どうにか未然に防ぐことが出来たのは報道の力が大きいと思う。知ることがなければ行動も起こせませんからねぇ。

昼間は晴れていたのに今は雨が降っている。外は静かだ。一歩も外に出なかったなぁ。
260328.jpg

横浜へ

朝から快晴。

買ってからずっと毎日使ってきたGR DIGITALだが、昨日桜を撮っていたときから変調を感じていた。フラッシュが光らなかった。何かモードを固定してしまったかな、と帰って説明書を見ながら操作すると今度は電源が入らなくなった。ここに至り故障が確定する(^^;。
今朝は壊れたGRをカバンに忍ばせて横浜へ向かった。

反町公園の桜は五分咲きの木もあれば咲き始めの木もある。きれいだねぇ。満開もいいが、咲き始めのイキオイある桜の様子も好きだ。しばしボーっと眺めた。自然に顔は上を向いた。背筋が伸びる感じ。こうして桜は毎年我々を上に向かせてくれる。ちょうどいい。上を向いて歩こう。桜を見ながら気分良く歩いていればきっといいこともあるさ。

タイムレコーダーを押してから今日も業務開始。理事仕事をいくつかこなしてから新入会員さんの応対を。4月1日付けでお一人加わります。よろしくお願いします。
駅前のM屋で豚丼トン汁セットの昼飯を食べ終わって戻ってからは、総会資料執筆の続きを。神奈川組合は3月末日が決算。ここからは事務局と会計理事さんの晴れ舞台。会計事務所から決算書類が戻るまでしばらく時間があるが、そのあとは監事さんに会計監査をしていただくことになる。平行して総会資料の仕上げをしておき、監査終了からまもなく総会開催通知を組合員の皆さんへお届けするという段取りだ。こう書くと簡単そうに思えるかもしれないが、複数の方々のご都合を合わせたうえで総会日程を詰めるのは意外に難しい。それは昨年経験済み。どう大変なのかについてはここには書かないが。

タイムレコーダーを押してから横浜駅前のYカメラへ。GRを買ったのはAkibaのYカメラだが、横浜で修理を受け付けてくれた。しばらく店内を逍遥してから帰路に着く。フィルム売り場が片隅に追いやられ、プリンターのインクと出力紙がフロアいっぱいに広げられていた光景を見て、ああ、フィルムの時代は終わったんだな、と実感する。ワタシが最初にデジカメを購入したのは2000年。それからわずか6年でフィルムカメラの時代は過ぎ去った。このスピードが現代だ。

カメラのデジタル化はケータイに内蔵されることで用途が拡散し、カメラ一人一台が常態化した。それだけ普及したデジカメによって、日本の写真はどうなったのだろうか。進化したのかどうなのか。

店に戻ってからは荷造り作業。夕食を食べながらとうとう買ってしまった「HR」のDVDを見る。
260327.jpg

花見のはしご

朝起きたのは8時半。外は曇り空。

それでも寒くない。風も穏やかで春の陽気だった。今日は電車に乗って花見へ行くつもりだ。
張り切って9時半には出ようと思っていたが、朝飯を食べ終わって準備が出来たのは10時半だった(^^;。まあそれでも早いほうだけどね。
カメラは何を持っていこうか、といろいろ考えたが、結局今日もメインはペンタックスLXに40mmF2.8。M3にルサール20mmを付けてトライXを入れた。LXには交換レンズとして24mmも持っていくことにする。

途中渋谷の百貨店でお花見弁当を買い、千駄ヶ谷駅。新宿御苑の千駄ヶ谷門は今年もガラガラだった。入ってすぐに染井吉野の林があるが、まだ咲き始め。芝生広場に面した小彼岸という桜が満開で、その周りに人だかりがあった。小彼岸を眺められる少し離れた場所に敷物を敷いた。のんびりした雰囲気に浸る。しばらくしてからお弁当を広げた。唐揚げにおこわ飯が組み合わさった弁当でなかなかおいしい。食べ終わってから記念写真を撮って御苑内にある桜の名所を廻ることにした。
池のそばではサンシュユが黄色い。池の橋を渡って休憩所前では一枝で紅白に咲き分ける源平桃が咲き始め。少し先には枝垂れ桜が満開。人だかりも満開だ。
山を登って芝生広場に出る。やはり人が多いなぁ。温室前には陽光という品種が満開で、ボリュームのある花びらは少し紫かかって高貴な印象。すぐ隣で咲く大島桜の白い花びらといいコントラストだった。なかなかよろしいね。

お休憩所前には三椏が花を付けている。沈丁花の香りが漂っていた。新宿門の前にある木蓮は咲き終わって分厚い花びらがボタボタと落ちてくる。向こう側には雪柳が満開。門からはひっきりなしにお客が入場してきていた。

新宿三丁目駅から新宿線に乗って九段下へ。靖国神社の大鳥居から参道にかけてはもうすぐ始まる桜祭りの屋台設営でトラックがズラリ。子供たちの大好きな屋台があるけど中身はまだ空っぽ。大村益次郎像を過ぎたあたりから春の太陽が顔を出し、暖かから暑いに変わった。娘は「あついあつい」とシャツ2枚で腕まくり(^^;。ワタシも息子も4枚。暑かったけど脱いだら荷物になるから我慢することにした。

お休憩所でソフトクリームをおごった。一人ひとつづつ買ったら驚いていた。二人でひとつと思っていたんだろう。なめたらいかんぜヨ(^^)。休憩所の中で食べていたら涼しくなり、わざわざ外に出て食べる。いい感じだ。今年もこの季節が来ましたね。
263261.jpg

靖国神社前には人だかり。覗くと猿回しだった。

まずは靖国の桜を見る。神保町の帰りを利用したりしてワタシは毎年来ているんじゃなかろうか。木によっては五分咲きくらい。まだまだこれからだった。
参道を引き返し、歩道橋をわたってお堀の桜を見る。まだ二分咲きなので混雑もそれほどではない。ゆっくり咲き始めの桜を見ることが出来た。千鳥が淵を歩く。ボートが見えて「のりたいー」と娘。ワタシも乗ったことが無かったので乗ってもいいかな、と思っていたが、混雑を忌み嫌う女房と息子は鼻から「乗らない」と言い切った(^^;。こりゃ無理だろうな。いざ乗り場付近まで来るとやはり行列だった。料金は30分で900円とかなり高額なので回転は良さそうだったけど、並ぶのが嫌だということで乗らないことに。娘は「のりたいー、のりたいー!」と必死に抵抗する(^^;。結構引っ張る力がついてきたなーとか思いながら平常心でぐいぐいとボート乗り場から引き離す。ワンワン泣き出した(^^;。あたりに響き渡る大声。まあ気持ちもわかるから、と、そのまま泣かせるにまかせた。しばらく行ったところでおやつを食べることに。ポロポロと大粒の涙を幾つも流しながら「のりたいのりたいー」と繰り返す。その気持ち忘れんなよ。やりたいことがなくなったら人間はオシマイなんだから・・・。女房がクッキーを食べさせてやっと泣き止んだ(^^;。息子はもう落ち着いたもので結構冷静だったな。

ただ歩くだけでつまらないという思いもあるんだろう。よく歩いたから当然疲れもあるに違いない。甘いものを食べてしばらく休んでから再び歩き出す。お堀の真ん中を高速道路。地下から水上へ出てすぐに地下へ潜っていく。ずっと地下ルートを通せばよかったのにね。

内堀通りとお堀に沿って歩く。半蔵門の前あたりにあったちょっとした遊具に娘は大喜び。嬉々としてブランコを漕いでいる。ワタシは息子と半蔵門見学。ここは大手門などと違って一般人は入れない。半蔵門からまっすぐに20号線が繋がっていく。まさにこの場所が甲州街道の基点だ。
たまたまそばにいた女の子と一緒に砂場の縁を歩く遊びにハマって、娘は笑顔だった。もうボートのことは忘れたかな。

半蔵門駅から半蔵門線。渋谷駅で別れてワタシだけBカメラ。金曜日に出したフィルムを受け取った。葛西までマグロを見に行ったときのフィルムも入っていた。暗くてブレブレだった(^^;。

夕食は肉野菜炒め丼。女房はシソの焼酎を飲んでいた。ワタシは米焼酎。フィギュアスケートを見た。
263262.jpg

ギャラリー
  • 代々木公園
  • トップページ・ビルボード
  • 土曜日
  • トップページ・ビルボード
  • 今日も交換会へ
  • トップページ・ビルボード
  • 交換会へ
  • トップページ・ビルボード
  • 雨
記事検索
アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ