甘露日記

古本屋甘露日記 http://www.kanroshobo.com

2008年06月

1日店

朝から快晴。

朝、PCを開けてメールチェック。800通ほどのメールが入っていた。夜中のうちに復旧したようだった。もちろん迷惑メールも含めてこの数。昨夜はオークション出品数からしてそれほど多くない日だったはずなので、多い時はこれ以上の数を日々受けていることになる。普段はこんなふうに数えないからなぁ。受信元のHDも壊れるはずだ(^^;。

朝飯を食べながら「CHANGE」を見る。TVはいろいろなことを映してきたが、なぜか、TVに映るものは”楽しいもの”でなければならない、という宿命を負ってしまっているような気がする。逆に言えば、TVに映ったものはすべて面白おかしく加工されてしまう、ということ。それがシリアスでもパロディでも、だ。
「CHANGE」で描かれる世界も「HERO」で描かれた世界も実世界上は真シリアスな題材のはずなのだが、TVに映すために面白おかしく加工される。その是非を言うつもりはない。描いちゃいけない、と思っているわけでもない。なんていうか、本当はシリアスじゃなきゃいけないリアル世界までがTVに映った架空パロディ世界に引きずられてしまうような妙な不安感を感じる、ということ。
TVの中にはわかりやすい敵が居て、わかりやすい正義の味方がいる。でも実際の世界はそうじゃないだろう。わかりやすく看板を提げている悪人なんていないし、私は正義の味方です、と名乗る人もいない。現実世界は複雑極まっている。

同じメディアでも、活字だったり、ラジオなどでは少し状況が違う。シリアスはシリアスに伝わる。わりとパロディもパロディとしてそのまま伝わりやすい。笑わせてくれる裏に真っ黒い毒が含ませてあったりする、なんてことも、絶妙の行間で表現出来ていたりする。

単純に情報を伝える方法としてのニュース番組さえもショー化してしまうTVの”おもしろおかしい”宿命は、たとえば大事件でさえも大事件として伝えられない事態、「これも何かのパロディ」、と思わせてしまう事態をいずれ生んでしまわないか、と変な心配をしている・・・。ま、ワタシの思い過ごしだろうけど。

話が反れた(^^;。何かと批判の的にされる「CHAGE」だけど、ワタシは面白く見ている。もし、普通の感覚を持った人が政治の世界にポンと入れられてしまったらどうなるのか、みたいな興味です。

そういえば、ネットにも少し”おもしろおかしい”宿命があるかもね。
9666歩 5.79km 70分 562.5kcal 21.1g
280624.jpg

メールサーバーダウン

朝からくもり空。

朝起きて、今日も1日メール受信から始まる・・・、と思いきや、メールの受信がない。「送受信」ボタンを何度も押す。しばらくしてエラー。この繰り返し。メールサーバーがダウンしていた(^^;。仕方なく、サーバー管理会社に連絡。2時間ほどして障害発生のお知らせが届いた。もちろん、サブアドレス宛てにである。

その後に復旧作業中とのことだったが、結局治らなかったようで、さらにハードディスク交換という事態に発展したらしく、結局まるまる今日1日、メールを受信できない状況が続くことになった。
・・・といったわけですので、昨夜から今日までに頂きましたメールは受信出来ておりません。明日以降のご連絡になりますので、どうかよろしくお願いいたします。
それにしても、メールが一切届かないというのは非常に不便を感じるもので、サーバー会社さんには定期的な部品交換作業をお願いしたいなぁ・・・。

そんなわけで、ご入金を頂いたものの、ご住所がわからずに発送できなかった荷物が数件発生。明日にはメールサーバー復旧予定とのことですので、今しばらくお待ち願います。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

荷造り作業を終えてからオークション出品作業開始。この間オヤジが買ってきた文学書が山のように積み上げられていて、自分で売れないなら買わないでほしいなぁ、とひそかに思いつつ、今日はまるまるこの本たちに取り組んだ。

夕食後、オークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。メインのメールサーバーは未だ復旧ならず。仕方なくサブドメインのメールアドレスを使った。困りますね・・・。
9920歩 5.95km 71分 583.4kcal 23.4g
280623.jpg

インディ・ジョーンズ

今日は1日雨の予報。

少し早起きして映画館へ向かう。先週前売り券を買っておいた「インディ・ジョーンズ」を見に。娘も一緒なので日本語吹き替え版。洋画吹き替え版は初めての経験。
ネタバレしないように書こうと思うと何にも書けなくなるなぁ・・・(^^;。となると、感想だけ書くことになるけど、いろんな意味で無茶苦茶な映画だったなぁ。まるでDランドのアトラクションのような、といえば伝わるだろうか。
前作で”地球上の”お宝の究極(聖杯)たるものの正体を暴いてしまい、考古学的に目指すものがなくなってしまった、ということかも。もっとも、聖杯は後の映画(D.コード)で”モノ”ではないことが解説されていたが。
アクションはさすがにおもしろくて、バイクに乗って学校の中をぶっ飛ばしているのは○。レイダース以来のカレン・アレンさんが出てきてなんだかすごく元気だった。みたいな、プラスな印象もありながらも、今回のお宝であるクリスタルスカルの秘密を解明していくインディの動機は明確に描かれない。なんとなく状況に巻き込まれていく感じ。
まあ、結末を知ってみれば、動機なんて描きようがないこともわかるのだけど(^^;。スピルバーグ監督の”原点”が堂々と顔を出す。
地鳴りのする核爆発の映像は本編ストーリーとはほとんど関係ないものの、印象に残ったシーン。それにしても、冷蔵庫って・・・(^^;。

このシリーズが始まって27年になるそうだ。冒険できる場所はもう地球上に存在しないかのような意識の変化を感じている。日々報道される地球温暖化の話や、インターネットの存在、グローバル化の流れ。人の意識は一瞬で世界を駆け巡るようになってしまった。
地球単位の話が増えて目がそっちの方へ行きがちのようだけど、足元は大丈夫なんだろうか。外への意識よりも内面の解明こそがこれからの本当の冒険になっていく気がする。

今回のラストシーンは結婚式。インディの冒険は最も身近にいながら男にとって永遠の謎である女性の内面へと向かう、ということなのかもね・・・。

映画館を出て食堂街で食事。女房と娘と三人で映画の話をしながら食べる。「話がめちゃくちゃだったよね(笑)。」と女房。確かにあのやりっぱなし感はエコ意識に真逆だったなぁ。
6892歩 4.13km 69分 305.0kcal 7.6g
280622.jpg

合唱

くもり空。蒸し暑い。

予報では朝から雨。午前中いっぱい、オークション出品作業を鋭意。

今日は午後から息子が通う中学校で「合唱発表会」がある。ワタシが通っていたころに「合唱コンクール」として行われていた行事。当時は一学年7クラスあり、課題曲と自由曲を発表して順位を競っていた。現在は一学年3クラスとだいぶ少子化が進み、コンクールでもないようだ。代わりに父兄や地域の方を会場に入れて見物させてくれるようになっている。形式としてはこちらのほうが良いかもしれない。保護者席は満席で立ち見の人もかなり居た。

13時半過ぎに開始。1年生から順に各クラスが舞台に並んで、日頃の練習の成果を発表する。息子は1週間ほど前から朝練があるということで、少し早目に学校へ行っていた。
まあ、舞台の上ではやっぱり緊張するんだろうね。少人数(30人に満たない)のためもあってか、声量が若干足りないクラスもあったような気がする。が、堂々と振っている指揮者にピアノと歌う皆が集中している様は、美しく見えた。我々にもあんな時期があったんだなぁ・・・(^^;。
起立するときと着席するときにもクラス全員がタイミングを合わせて、起立、着席、と行っていた。いいね。形だけじゃだめ、という意見の方もいらっしゃるだろうが、とりあえず形が出来ていれば中身は後から満ちてくるのでは。

各クラスの発表が終わってから、今度は学年合同での合唱。声量が3倍に増えてデラックスになった。聴きごたえあり。芸の基本はやっぱり声の張りです。

店に戻って仕事再開。あらかじめ積み上げておいた本をどうにか入力し終わったころに夕食。
オークション落札品のメール書きは久し振りに日付が変わるまで。外は雨。
4613歩 2.76km 42分 228.7km 6.0g
280621.jpg

1日店

くもり空。しばらくは梅雨空が続くと予報。

いよいよ朝から全作業を店でやることにした。落札された本などをすべて店に降ろす。いや、嵩的に降ろせない組もあった。まだまだ買ったままになっている本が店にかなりあり、棚は少なくなったものの人と品物が増えたので、作業は快適かといえばそうでもない(^^;。在庫品をもう少し減らしていかなければならないな・・・。ワタシの座っている場所のすぐ後ろがオヤジのデスクで、積み上がっている資料(ほとんど見ていない)がワタシの肘に当たって痛い。とにかく狭い。

午前中いっぱい荷造り作業。そんなわけで、優品が出品されていると知りながら、交換会へは出席できず(^^;。ウチの引っ越しタイミングが悪すぎた。目の前に積み上がっている要発送荷物を置いて交換会には行けない。もう少しウチの仕事処理能力が全体的に上がればいいんだけどねぇ。みんなのんびりやってるから。

仕事を終えてからランニング。霧雨が少し目に入る。小杉タワーはてっぺんがモヤっていた。
戻ってから「ラスト・フレンズ」の最終回を見る。山場は過ぎていた。やはり主人公の女子二人が物語の中心なので、ソウスケの話もタケルの話もさらっと触れた程度。彼女たち二人の悩みが深い分だけ、男子二人の悩みもまた深かったはずなのだが。
最終回は銚子の風景がたくさん出てきて何となくうれしかった。犬吠埼に犬は居なかった。そういえば去年訪れたときに銚子電鉄の風景を見てなかったなぁ・・・。一度電車で行ってみたいね。
8287歩 4.96km 70分 432.6kcal 15.8g
280620.jpg

今日も1日店

出かけもせずに籠っている(^^;。

店舗は連休明け。オヤジたちが来て、正式にこのデスク配置で決定。午前中の荷造り作業は今まで通りの作業場で行ったが、午後からはPCや備品の移動を開始。出品作業はすべて店で行った。これからはここが仕事場になる。まだ全然慣れていない。いちいちあれは何処でこれは何処になんてやっているから、作業がはかどらない(^^;。最近は本当にこればっかりだ。慣れるまで2、3週間はかかるだろうね。

女房は小学校へ。給食の試食会があるのだとか。いいなぁ。そういえばワタシは小学校を卒業してから給食を食べたことがない。人生のうちの6年間だけの記憶にしては憧れを含んだ時間として残っている。帰ってきた女房に様子を聴くと、「うずらの玉子のグラタン」がメインで、パンもロールパンだったらしい。ワタシのころはコッペパンしかなかった。卒業間近になってソフトメンが追加された覚えがある。ごはん給食はまったく経験がない。今思えば、減反しながら給食にご飯を採用しなかった判断のちくはぐさが悔やまれるね。パンばかり食べてその後パン食が基本になった人もいたと思われ。

午後は出品作業と並行して断続的に荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。巻段ボールとプチプチを店に下ろしたら、すっかり様子が店っぽくなくなってしまった(^^;。

ラジオを聴きながらメール書き。谷村新司さんが不思議についてしゃべっていた。世の中にある学問的なものの最上位に音楽がある、という話など。ほかに、日本語とヘブライ語には同じ発音・同じ意味の言葉が500あまり存在すること、などなど。
3719歩 2.23km 36分 174.9kcal 3.7g
2806191.jpg

ギャラリー
  • 代々木公園
  • トップページ・ビルボード
  • 土曜日
  • トップページ・ビルボード
  • 今日も交換会へ
  • トップページ・ビルボード
  • 交換会へ
  • トップページ・ビルボード
  • 雨
記事検索
アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ