甘露日記

古本屋甘露日記 http://www.kanroshobo.com

2008年09月

往復

どーも最近天気が悪いなぁ・・・。

朝飯を食べながら先日録画しておいた「ボキャブラ天国」を見る。司会はタモさん。スタート当初は視聴者からのネタをもとにVTRを作ってバカでインパクトがあるから”バカパク”とか言いながら評価して笑わせる番組だったが、途中からお笑い芸人が出てきてネタを披露する内容に変更された。変更されたまま番組は10年前に終了。今回の復活ではやっぱり芸人さんの内容での復活だった。
見ていて、内容は十分面白かったが、当初のボキャブラでの復活を気持ちは望んでいる気がした。・・・3時間番組だったので、まだ半分しか見ていないのだけど(^^;。
もう10年以上経つのか、と思うと、トシを取ったなぁ、としみじみ。隣でケラケラと笑っている女房。そうか、もうこれを見始めたときには結婚してたんだったな・・・。まだ何もない頃だったけど、不思議と不安はなかった気がする。

荷造り作業を終えたころに昼飯。食べ終わってから神保町までクルマを走らせる。大市会で落札した品物を引き取りに。やはり1回でカーゴ3台分は載せきれない。今日は先日引き取りきれなかった1台分を載せて帰ってきた。再び通路がふさがった。今日明日が定休日でよかったわい。

その後、鋭意オークション出品作業。とにかくどんどん仕事をかけなければ。
2292歩 1.37km 21分 110.7kcal 2.8g
280930.jpg

1日店

今日は1日店の予定。1日雨の予報。

先週が4連休、先々週が3連休と立て続けに連休だったため、今日は久し振りに普通の月曜日。先週は普通の月曜日だったはず、という見方もあるだろうが、お客様からのご入金状況から判断してそういう実感は持てなかった。

朝から荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。外は雨で思いっきり冷えていたが、中では熱く仕事を続ける。仕入れが重なって通路が狭い。荷造り作業を終え次第、オークション出品作業に移行。とにかく気合いを入れてどんどん仕事をかけていきたい。

先日来見ていたオペラのTVを見終わり、今日から悪役レスラー列伝を見始める。第一回目はグレート東郷。語り手はノンフィクション作家の森達也氏。活躍していたのは力道山の時代というからワタシなどはまだ生まれてもいない。おもにアメリカで活躍した”悪役レスラー”。当時のモノクロ映像が流れたが、対戦相手に握手を求められて気味悪くにっこり笑ってお辞儀をする、というなんとも人を食った態度に出る。その表情が見ていてゾッとするほど不気味だった。東郷という名前はもちろん東郷平八郎から来ているはずだ。あの日本海海戦で露西亜艦隊を全滅させたことで有名な日本の軍人だ。
観客にどれだけ嫌われるか、に、悪役レスラーの存在価値はある。プロレスは興行であり、もともと「虚」の世界ではあるが、「虚」の世界を描いているつもりにもかかわらず「実」が滲み出てくることはいろいろな場面でもよくある話。「プロレスとは、底が丸見えの底なし沼である」と言ったのは井上義啓氏。悪役対善玉のわかりやすい構図のプロレスに人々は熱狂した。底が丸見えだ。しかし、一歩立ち止まって、プロレスに関わる人たちの生き方を探っていくと、どこまで行っても分からないことがあると森氏は言う。底なし沼たる所以だろう。
どうして日本人の悪役として振舞うのか。東郷氏にはアメリカ出身という記録があったり、朝鮮半島出身という説があったりする。どうやら日本人ではなかったらしい。リングの上という「虚」の世界で日本人という「虚」のキャラを演じる東郷氏。しかしその向こう側には日本に対してもアメリカに対しても反発する気持ちがあったはず、と森氏。ここに至り「虚」の世界から「実」が顔を出した。深い。次回が楽しみになった。

夜、霧雨の中ランニング。滑って尻餅をつく(^^;。
6948歩 4.16km 55分 379.6kcal 14.5g
280929.jpg

江ノ電

朝からくもり空。

鉄子な娘のリクエスト。「江ノ電のりたーい」に応えることにした。朝は早めに起きて朝飯。出発までしばし荷造り作業。東横線に乗った。横浜から東海道線。藤沢駅で降りて江ノ電の改札口まで。「のりおりくん」という名前の1日乗車券を買った。580円という金額はちょうど鎌倉-藤沢間の往復料金だった。
レトロな単線ホーム。ほどなく4両編成が入線してくる。乗り込むとすぐに発車。当初は高架線を走っているが、次の駅までには地上に降りる。住宅地の中にポツンとホームがある。まるでバス停のような。
いつものように本を読みながら乗っていたが、次第に車窓からの景色が面白くなり、本を閉じた。電車はゆっくりゆっくり進んでいく。その理由は住宅地の中を進んでいくことが多く、非常に急なカーブを連続して通過することが多いから、だろう。それこそかつてあった遊園地の乗り物電車のような乗り心地で、若き日には確かに持っていたはずの童心を思い起こさせてくれるのかもしれない。乗っている人でケータイを見ている人が全く居ないというのも他ではありえない。

鎌倉駅手前の和田塚で下車。線路を歩いて渡る人多数。その向こう側のお茶屋さんがある路地から由比ヶ浜大通りへ抜ける。もともとあった路地に江ノ電があとから入ってきたような趣き。

先日女房と娘が鎌倉文学館まで来たときに「発見」したという路地を通る。人一人やっと歩けるくねくね道を抜けると、由比ヶ浜駅が現われる。電車の通過を見送ってから駅へ。隣の長谷駅で降りて、極楽寺坂切通しを登っていく。
江ノ電を跨ぐ赤い橋の上から電車の通過していく様を見る。ついでに極楽寺門前まで。萩と芙蓉の花が咲いていた。極楽寺駅は関東の駅百選に選ばれている。丸ポストを傍らに配しローカル色も強い。

七里ヶ浜駅で降りる。空は晴れてきた。海岸沿いの道。相模湾にはお約束のサーファーの皆さん。海がキラキラしている。国道は上りも下りも渋滞気味。それでも、この風景なら別に気にならないに違いない。右手にはいわゆる湘南風のお店が建ち並んでいる。「南国料理」の看板に惹かれたが、セレブな値段にあとで後悔しそうで入るのをやめた(^^;。店内は混雑しているようだった。

「鎌倉高校前」駅もまた関東の駅百選に選ばれている。海に向かって開けていて、江ノ島が大きく見えている。アタマの中では自然にサザンの歌がグルグルと巡りだしていた。
2809281.jpg
いよいよ腰越駅。ここから江ノ島駅までは商店街を有する大通りをクルマたちを押しのけて(^^;走る。関東地方では路面電車はほとんど姿を消したため、この風景は珍しい。
ちょうど3車線分ある通りの真ん中に単線レールが走っており、舗装は黄色く塗られている。ここに少しでも触れているクルマがあると電車は軽くクラクションを鳴らしながら停車してクルマに退避を要求する。小型ながらも四両編成の電車が道路の真ん中を堂々と走っていく姿は貴重。イルカの群れの中を堂々と泳いでいくクジラの姿、を連想する。

さすが腰越漁港を擁するだけに、商店街には魚屋さんが多い。地魚を中心に並べてある。イサキやカレイ、カワハギは刺身用だろうか。カマスがメザシになっていたり、開きになって売っていた。ありゃうまそうだったなぁ。
瀧口寺の前から江ノ電は大きな弧を描いて道路の真ん中から去っていく。ダイナミックな絵だった。

江ノ電の車両の前部分が建物の中にめり込んでいる。和菓子屋さんだ。おそらく江ノ電から譲り受けた本物だろう。せっかくなので「片瀬まんじゅう」を3つ買った。1個80円。江ノ電を見ながら食べるとかなりおいしかった。

江ノ島駅から洲鼻通りを通って江ノ島の前まで出る。娘がご執心のラーメン屋さんへ入り昼飯。ワタシも昼ビールで乾杯。クルマで来てしまうとこれができないのがいつも残念なのだ。
娘は西浜海岸で砂遊びしたいというので、ワタシ一人別行動となる。当初江ノ島へ行こうかと思ったが、天気もそれほどじゃないから、と思い、再び腰越の商店街を歩くことにした。
生活と観光が入り混じっている印象。このあたりは判断が難しいと思うが、今の流れは思い切って観光化するのが活性化のカギではないか、と思う。直売所でナス一袋100円を買い、さっきの魚屋さんで自家製イカの塩辛を買った。「お兄さん、ウチは初めてかい?」ええ。そうですが。「ウチの塩辛はネ、うまいよぉー。」低めのいい調子で絶妙のセールストーク。期待していただきます、と言ってから店を出た。ちょっと笑顔を残してきた。

西浜海岸に戻り、しばし娘の砂遊びの様子を見ながら女房とおしゃべり。15時を過ぎたので帰路につく。江ノ島駅から藤沢駅まわり。東海道線の車内は眠かった(^^;。

店に戻って、仕事もせずに夕食まで昼寝させてもらう。夕食ではさっきのナスの炒め物とイカの塩辛で日本酒を飲んだ。いい休日になった。
22634歩 13.57km 208分 1080.5kcal 34.3g
2809282.jpg

買り取りあり

晴れ。

いよいよ涼しくなった。寝るときは毛布を使うようになっている。この時期が一番風邪をひきやすい。気をつけなきゃな・・・。

今日はオヤジが午後から買い取りに出る。昨日大市会の荷物を運び込んでマックスの状況だったが、夜には追加されるわけで。朝からオークション出品作業を鋭意。とにかく倦まずコツコツと仕事を続けていくしかない。

と。電話。買取のお話。クルマで持ってきていただけるとのこと。ありがとうございます。前後して昼飯を食べ終わったオヤジが買取りに出かける。こりゃ大変なことになりそうだ・・・(^^;。

作業しているとお客様からお電話あり。「お近くまで来ているんですが・・・」はい、ありがとうございます。それではそこまで台車を引いて行きます。と、受話器を置くなり直行する。荷台いっぱいのカメラ書だった。ありがとうございます。とりあえず店に積み上げて、評価後ご送金させていただくことに。
早速評価。ん。鼻水が出るなぁ・・・。やっぱり風邪ひいたかな(^^;。

評価を終えて仕事を続行。オヤジが帰ってくる。荷台一杯の本。店に降ろすと通路まで塞がった(^^;。仕入れってのは重なるものだなぁ・・・。これでひと月くらいは交換会に行けなくなりそうだな。
ありがたいことです。

夕食は女房が近所のスーパーで買ってきた空弁。北海道特集だったらしい。鮭とカニの石狩寿司がうまいこと。

・・・なんて暢気なことを書いているヒマがあったら仕事をしなければイカン!
4319歩 2.59km 40分 205.8kcal 4.1g
280927.jpg

引き取り

くもり空。

強い風がビュンビュン吹き抜ける。一時雨がザッと降る予報。
荷造り作業を終えたころに昼飯。食べ終えてから昨日の市会で落札した荷物を引き取りに向かう。車中ではラジオを録音したものをiPodに入れて聴く。深夜に放送だからリアルタイムでは聴けないので、PCに録音して聴いている。なんせ放送時間が3時間半もあるから一度では聴ききれないのよ(^^;。

古書会館到着。ヌキをもらって早速引き合わせ。皆さん作業はものすごく早くて、各階で荷物は全部荷主ごとに分け終わっていた。すごいな。とても一度では付け合わせ出来る量ではないので、カーゴを1台づつ荷捌き場に降ろして1点1点確かめる。こういう作業をいい加減にすると、あとで運営されている方にもご迷惑をかけることになる。
荷台に載せながら慎重にチェックしていく。・・・うーむ、こりゃ全部載りきらんぞ・・・。
あと2点で全部付け合わせ終わる、というところでカーゴがカラになる。あと2点足りない。古書会館のどこかにまだ埋もれているはずだ。さっそく探しに出る。これは最終台に載っていた荷物だからあそこかな。と行ってみる。果たしてそこにはなかった。こういうときは運営されている方にお尋ねするのが早い。あと2点だけ見当たらないと告げると、早速トランシーバーで全館に連絡してくださった。たちどころに2点とも出てきた(!)。いやあ、すばらしいなぁ・・・。ありがとうございました。

店に戻る。少しストック棚を開けておいたのだけど、それでも全部は収納しきれない。さすがに量を買いすぎたか(^^;。雨の予報だったが、雨が降らなくてよかった。

早速本の整理を開始する。こりゃまた半月くらい交換会に行けなくなったな・・・(^^;。
3620歩 2.17km 35分 167.1kcal 4.1g
280926.jpg

1日店

店は急遽臨時休業。

昨日オヤジが出勤扱いになったため(^^;。別に無理して休まなくてもいいんですよ。あまりに急だったため、今日はシャッターを半開きにしておいた。

昨日発注しておいた電気スタンドが到着。早速デスクに据え付ける。店の明かりだけだと営業中は全部点灯しているから明るいが、閉店後半分にすると少し暗かったのだ。今はやりの20wで100w電球の明るさを出せる蛍光管。寿命も長いらしい。仕事場がさわやかに明るくなった(^^)。

朝飯と昼飯を食べながらDVDで寅さんの28作目を見る。久しぶりになってしまったが、やっぱり面白いね。満男君を幼き頃のコトー先生(吉岡秀隆)が演じている。少し舌っ足らずのしゃべり方。「北の国から」とどっちが早いのかな。などと、女房と話しながら楽しむ。

今日が大市会当日。結果はネットでわかるようになっている。たびたび覗いて結果を確認。ああ、あれもこれも落ちている。でも、あれもあれも落ちなかったな。などと(^^;。明日引き取りに行くと店は再び本の山が築かれる。
7067歩 4.23km 55分 385.8kcal 14.5g
280925.jpg
ギャラリー
  • 代々木公園
  • トップページ・ビルボード
  • 土曜日
  • トップページ・ビルボード
  • 今日も交換会へ
  • トップページ・ビルボード
  • 交換会へ
  • トップページ・ビルボード
  • 雨
記事検索
アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ